おすすめ商品一覧

時は明治。風光明媚な笠沙の地に3人の若者が焼酎造りの技術を伝えます。

耕地の少ない黒瀬の集落に、またたく間に広まった醸造の技。
男たちは季節になると、九州一円の酒造場に出稼ぎにおもむき、杜氏、蔵子として腕を振るったといいます。
彼らは「黒瀬杜氏」と呼ばれ、焼酎醸造の一切をまかされました。

機械化が進んだ現在、杜氏達の経験に頼る手づくり焼酎は減りつつあります。

杜氏の里笠沙は、笠沙に息づく黒瀬杜氏の技を手づくり本格焼酎の味とともに紹介しながら未来へ伝承することを目的に設立されました。